So-net無料ブログ作成

牧のうどん、井手ちゃんぽん [食べ歩き]

福岡に来てからまず最初は、会社帰りに観光客気分で、全国区のとんこつラーメンで「一風堂」大名本店、「一蘭」天神西通り店に行って、それぞれの限定ラーメンを食べました。「一風堂」では「元祖赤丸新味」、「一蘭」では重箱入りの「釜だれとんこつラーメン」。「一蘭」天神西通り店は、週末は特に観光客で長い行列ができることが多いようです。

ただ、とんこつラーメンはもたれるし、普段使いではうどんやちゃんぽんの方が個人的にも好みに合いそう。地元の食文化になじめればということで、今日は初の「牧のうどん」「井手ちゃんぽん」をトライしました。

「牧のうどん」今宿店、肉ごぼううどん+おにぎり2個。「牧のうどん」本社は福岡市の西にある糸島市。福岡のうどん文化は、タモリさんがよく言う「うどんにはコシはいらない」。まさに柔らかいこしのないうどんで出汁を吸ってしまう。ネギが入れ放題で、追い出汁のやかんが各自についてくるのが特徴。福岡ではごぼう天が定番で、他店でもよく注文して食べるようになりました。今度は北九州が本店の「資(すけ)さんうどん」にもトライしてみようと思います。

「井手ちゃんぽん」小戸(おど)店、ちゃんぽん(並)。佐賀県武雄市が本店で、福岡にも進出。厨房からはとんこつラーメン屋さんに近い、独特の煮込んだ香りが店内に充満。ボリューム感的には、関東でいう「二郎」(店によるので例えとして適当でないかもしれないが)。「並」で十分に野菜が乗っており、満足に食べきりました。

※写真は追ってアップ可能な場合は、後日追加します。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。